ホーム > 子の嫡出否認 親子関係不存在

解決実績

当事務所の離婚の解決事例・解決実績をご紹介いたします

子の嫡出否認 親子関係不存在の解決実績

ご依頼者様は、妻が浮気した後に出産した子との親子関係を疑い、親子関係不存在調停を申し立て。生物学的な親子関係は存在しない旨のDNA鑑定結果及び当事者の合意を踏まえ、親子関係不存在確認の審判がなされました。

【当事者の関係】親子関係不存在調停・審判 申立人:父 相手方:戸籍上の子(法定代理人親権者母) /  離婚調停 申立人:夫 相手方:妻

離婚問題に強い中部法律事務所の弁護士が、専門家として、
親切・丁寧に離婚相談に対応、離婚事件を解決に導きます。
人気コンテンツ
名古屋事務所
春日井事務所