ホーム > 解決実績

解決実績

当事務所の離婚の解決事例・解決実績をご紹介いたします

離婚の解決実績

ご依頼者様は、定年退職後、熟年離婚したいと考えるも、妻が財産を管理していたため、どこに財産があり、どのように財産分与してよいか分からず、離婚調停を弁護士に依頼。離婚調停で、財産関係を明らかにして財産分与を行い、離婚も成立しました。

【当事者の関係】 離婚調停  申立人:夫  相手方:妻

ご依頼者様は、妻に対し離婚を求めたところ、過大な財産分与の請求を受けました。財産分与が争点となって離婚調停は不成立、離婚裁判になりました。当事務所弁護士の主張立証活動の結果、全面勝訴に近い、年金分割のみ応じる内容で、裁判上の和解による離婚が成立しました。

【当事者の関係】 離婚調停 申立人:夫 相手方:妻 /  離婚裁判 原告(反訴被告):夫 被告(反訴原告):妻

ご依頼者様は、別居中の妻から、月額25万円を超える生活費・婚姻費用の分担請求を受けました。婚姻費用調停は不成立となり、審判に移行、当事務所弁護士の主張立証活動の結果、婚姻費用は月額1万円以下、大幅に減額されました。

【当事者の関係】 婚姻費用調停・審判 申立人:妻 相手方:夫 子:なし

ご依頼者様は、妻と性格が合わず、婚姻から1年半ほどで、別居しました。別居後すぐに離婚調停を申し立てたものの、妻が離婚を拒否し、調停は不成立。離婚裁判を提起し、離婚請求が認められました。

【当事者の関係】 離婚調停 申立人:夫 相手方:妻 /  離婚裁判 原告:夫 被告:妻

ご依頼者様の夫は、離婚調停を申し立てましたが、調停は不成立。離婚裁判で、浮気・不倫した事実を否認しましたが、有責配偶者であるとの当方の主張が認められ、離婚請求は棄却されました。

【当事者の関係】離婚調停 申立人:夫 相手方:妻 / 婚姻費用分担調停 申立人:妻 相手方:夫  / 離婚裁判 原告:夫 被告:妻

ご依頼者様は、面会交流のたびに、元妻と連絡を取りあわなければならない煩わしさを避けるため、第三者機関を介して面会交流をする旨の面会交流調停を成立させ、離婚以来会えていなかった子どもと、定期的に会えるようになりました。。

【当事者の関係】面会交流調停 申立人:父 相手方:母 / 養育費調停 申立人:母 相手方:父

ご依頼者様のお子様は、別居中の父と会うことを拒絶していました。けれど、相手側から、面会交流調停を申し立てられました。調停において子どもの意向を伝え、間接交流のみの面会交流調停が成立しました。

【当事者の関係】面会交流調停 申立人:父 相手方:母 利害関係人:未成年の子

ご依頼者様は、夫が不倫・浮気したため、夫と別居しました。別居から8年以上が経過し、子どもも高校生まで成長したことを受け、夫が離婚調停を申し立て。慰謝料の一括払いや子どもの特別学資金の支払いを条件に、離婚調停に応じました。

【当事者の関係】離婚調停 申立人:夫 相手方:妻 

ご依頼者様は、未成年の子どもが、高校卒業後、私学への進学を希望したため、養育費として進学費用を要求しました。相手方が支払いを拒絶したため、養育費調停を申し立て、学費相当分を支払う内容の調停が成立しました。

【当事者の関係】養育費調停 申立人:母 相手方:父 利害関係人:未成年の子

ご依頼者様は、妻が浮気した後に出産した子との親子関係を疑い、親子関係不存在調停を申し立て。生物学的な親子関係は存在しない旨のDNA鑑定結果及び当事者の合意を踏まえ、親子関係不存在確認の審判がなされました。

【当事者の関係】親子関係不存在調停・審判 申立人:父 相手方:戸籍上の子(法定代理人親権者母) /  離婚調停 申立人:夫 相手方:妻

離婚問題に強い中部法律事務所の弁護士が、専門家として、
親切・丁寧に離婚相談に対応、離婚事件を解決に導きます。