ホーム > 協議離婚

協議離婚

弁護士に協議離婚の代理交渉,離婚協議書の作成を相談・依頼したい方へ

協議離婚でお悩みの方へ

  • 相手と顔を会わせたくない、自分の代わりに離婚の協議・話し合いをしてほしい
  • 弁護士に協議離婚の交渉を依頼したい、味方になってほしい、相手には代理人弁護士がいる
  • 弁護士に離婚協議書や公正証書の作成を依頼したい
まずは当事務所弁護士に
ご相談ください!

夫婦だけの話し合いや喧嘩はもうたくさん!
弁護士に協議離婚の代理交渉,離婚協議書や
公正証書の作成を依頼できます
お気軽にご相談ください!

弁護士が示談交渉に介入することで

ご依頼者様の声

  • 相手と話し合い出来ない状態でしたが、顔を会わせることもなく、協議離婚できました
  • 弁護士に協議離婚の代理交渉を依頼し、離婚調停や離婚裁判にならずに離婚できてよかった
  • 弁護士作成の離婚協議書・公正証書なので、安心です。相談してすぐに作成してもらえました
離婚問題に強い中部法律事務所の弁護士が、専門家として、
親切・丁寧に離婚相談に対応、離婚事件を解決に導きます。

当事務所の協議離婚のサービス

  • 弁護士に離婚協議の代理交渉を依頼できます
  • 離婚協議書・公正証書を作成いたします

協議離婚は、夫婦で話し合い、離婚を合意、離婚届を提出したら、離婚が成立します

弁護士による離婚協議の代理交渉・弁護士に離婚の交渉をお任せ

協議離婚は、夫婦の離婚合意と離婚届の提出だけで離婚を成立させることができる、日本で最も多い離婚の方法です。

けれど、協議離婚するには、過大な労力やストレスがかかることもあります。

  • 話し合いの日時を調整するだけでも一苦労。
  • 夫婦で協議・交渉・話し合いしても、すぐ喧嘩になる
  • 感情的になって言いたいことが伝わらない、相手が聞く耳を持たない
  • 子どもの前で離婚の話をしたくない
  • 別居したので、夫(妻)の顔を見たくない。声を聞きたくない
  • 自分の言いたいことだけメール・LINEしてくる
  • 受信拒否・LINEブロックされた
  • モラハラ(モラル・ハラスメント)されて話し合いにならない、言いくるめられてしまう
  • (別居中で)離れているので、代わりに離婚を話してきてほしい

一つでも当てはまる方、これまでご自身で離婚協議を頑張ってきたけど限界を感じている方、当事務所の弁護士に、協議離婚の代理交渉をお任せください。
協議離婚の代理交渉をご依頼いただき、協議離婚が成立した場合、追加料金なく離婚協議書を作成いたします。

離婚協議書・公正証書の作成

財産分与年金分割の合意、慰謝料や養育費の支払い、面会交流などの離婚条件については、離婚協議書や公正証書を作成しておくことをおすすめします。

  • 離婚に合意していたはずなのに、離婚届が出されない、離婚届に判を押してくれない
  • 財産分与、慰謝料や解決金、養育費が支払われない

離婚協議書や公正証書があれば、このような万一の事態に備えることができます。当事務所の弁護士に、離婚協議書・公正証書の作成をご依頼ください。

 

協議離婚の代理交渉を当事務所弁護士に依頼するメリット

1.実績十分な弁護士が、相手と協議離婚の代理交渉

弁護士がご依頼者様の代理人として交渉の窓口になるので、ご依頼者様が、夫(妻)やその代理人弁護士と直接連絡を取ったり、話し合いをする必要がなくなります。夫婦の話合いでは感情論になりがちですが、当事務所の弁護士なら、離婚交渉の実績が十分です。双方の言い分を法的に整理しつつ、ご依頼者様に少しでも有利になるよう交渉を進めます。

2.経験豊富な弁護士が、専門家として広い視野で離婚問題をサポート

離婚に際しては、夫婦生活で築いた財産の清算、慰謝料、未成年の子の親権・監護権、養育費や面会交流など、たくさんの離婚条件があります。これら以外にも、例えば、転居・引っ越し、国民年金や社会保険の手続きなど、離婚後の生活に密接に関連する細かい取り決めもあります。
当事務所の弁護士なら、離婚問題に豊富な経験があります。ご依頼者様のご意向を踏まえつつ、離婚後の生活や手続きなどを含めた広い視野でみつめ、離婚問題をサポートします。

3.離婚協議書も作成

離婚交渉により、離婚及び離婚条件がととのったら、離婚後の紛争を防ぐためにも、離婚協議書の作成をおすすめします。
当事務所弁護士に協議離婚の代理交渉をご依頼いただいた場合、離婚協議書の作成をサービスいたします。
※公正証書の作成は含みません。

 

協議離婚の弁護士費用

弁護士がご依頼者様の代理人として離婚協議
着手金 20万円(税込22万円)~ 御見積
報酬金 20万円(税込22万円)~ + 経済的利益の5%~10%(税込5.5%~11%)(御見積)
対象となる方
◆協議離婚について弁護士に対応を任せたい
◆相手と一切かかわらず、離婚を解決したい
など。

着手金について
親権、養育費、面会交流、財産分与・年金分割、配偶者への慰謝料も交渉内容に含みます(追加着手金不要)

報酬金について
離婚協議書公正証書の作成を含みます
●お子様のための養育費については報酬金はいただきません
弁護士が離婚協議書/公正証書の作成を支援
離婚協議書/公正証書作成 10万円(税込11万円)
対象となる方
◆離婚の条件が決まったので、離婚協議書/公正証書を作成してほしい
◆公証役場で相手方と顔を合わせたくない
など。

●相手方との日程調整は含みますが、交渉は含みません
●公証役場への代理出頭は別途2万円(税込2万2000円)となります

 

離婚問題に強い中部法律事務所の弁護士が、専門家として、
親切・丁寧に離婚相談に対応、離婚事件を解決に導きます。

ご依頼者様の声 VOICE

”解決までのスピード”に関しては相手の行動が大変遅く、致し方なかったかと思います。
【事務員の対応・弁護士の対応・解決までの処理スピード・解決の結果】
初めて相談の電話をかけた時、小林弁護士さんが、電話で
丁寧に相談に応じて頂き、その後も迅速に対応して頂き、感謝
しております。

【事務所のサービスについてのご感想・ご意見】
初回の無料相談の日程が、お電話してから、アポイントが
とれるまでの日にちが2週間程先だったため、先日でアポイントが
とれるとありがたかった

ご依頼者様の声を見る

協議離婚のよくあるご質問 FAQ

勝手に代筆して離婚届を出した場合、どうなりますか。
提出してしまった離婚届を取り消したいのですが、方法はありますか。
離婚して旧姓に戻りました。子供の姓(名字・氏)はどうなりますか。

離婚のよくあるご質問 一覧へ

協議離婚のコラム COLUMN

投稿画像
  • 協議離婚
2019.05.17

「偽装離婚」って有効なの?ー名古屋の弁護士による解説コラム

離婚届を提出して戸籍上は離婚しているのに、生活の実態としてはまだ夫婦であり、離婚は何か目的があってあえて形だけそのようにしたというようなケースのことを「偽装離婚 … 続きを見る

離婚相談コラム一覧を見る

基礎知識 (協議離婚)