ホーム > 別居中の生活費 婚姻費用請求

別居中の生活費 婚姻費用請求

別居中・婚姻中の生活費を請求したい方、婚姻費用を請求された方へのサービス

婚姻費用でお悩みの方へ

  • 夫・妻が生活費をくれない/別居中の夫・妻からを生活費を請求された
  • 別居中の夫・妻に婚姻費用を請求したい/弁護士から婚姻費用請求の通知がきた
  • 婚姻費用の調停を申し立てたい/婚姻費用の調停を申し立てられた
まずは当事務所弁護士に
ご相談ください!

生活費・婚姻費用の問題は,弁護士に依頼できます。
裁判のプロ,弁護士が心強い味方になります。
お気軽にご相談ください

弁護士が示談交渉に介入することで

ご依頼者様の声

  • 相手の同意なく別居を開始、生活費(婚姻費用)が払われるようになってよかった
  • 依頼後すぐに調停を申し立て、申し立てたときにさかのぼって生活費をもらえた
  • 高額な生活費を要求されたけれど、適正な金額に減額してもらえてよかった
離婚問題に強い中部法律事務所の弁護士が、専門家として、
親切・丁寧に離婚相談に対応、離婚事件を解決に導きます。

婚姻費用とは

  • 別居中でも婚姻費用(生活費)を請求できます
  • 婚姻費用(生活費)には相場があります
  • 夫婦は、それぞれの収入や資産に応じて、生活費(衣食住の費用、子どもの養育・教育費、医療費など)を負担する義務があります。
  • 夫婦が、別居中であっても、原則として、婚姻費用を分担する義務はなくなりません。
  • 婚姻費用の金額について、家庭裁判所では、婚姻費用算定表による相場があります。

婚姻費用を当事務所弁護士に依頼するメリット

1.弁護士に全て任せられる

ご依頼者様に代わって、相手との支払い交渉や減額交渉、示談・和解が成立した場合の離婚協議書や示談書の作成、婚姻費用調停の申し立てや調停及び審判(ご依頼者様に代わって出廷)対応、相手方代理人や裁判所との連絡対応など、全てお任せいただけます。

2.スピード対応

婚姻費用は、裁判実務上、婚姻費用調停を申し立てた月までさかのぼって、支払いが認められます。ご相談・ご依頼から迅速に婚姻費用調停を申し立てます。調停や審判期日の間にも、相手方弁護士や家庭裁判所と積極的に交渉を行い、速やかな解決を図ります。

3.離婚事件とセットなら弁護士費用が無料

当事務所に離婚事件(協議離婚の代理交渉、離婚調停)をご依頼いただいた場合、追加着手金なしで、協議離婚と併せて婚姻費用の代理交渉、離婚調停と併せて婚姻費用請求(相手方対応も可)できます。

婚姻費用の弁護士費用

・協議離婚の代理交渉・離婚調停とセットの場合

 交渉着手金:なし
 調停着手金:なし
 審判着手金:10万円(税込11万円)~御見積
 報酬金:経済的利益の10%(11%)

・婚姻費用のみの場合

 調停着手金:10万円(税込11万円)
 審判着手金:5万円(税込5万5000円)~御見積
 報酬金:経済的利益の10%(税込11%)(最低報酬額:10万円(税込11万円))

 着手金について
調停3期日分の日当を含みます

離婚問題に強い中部法律事務所の弁護士が、専門家として、
親切・丁寧に離婚相談に対応、離婚事件を解決に導きます。

ご依頼者様の声 VOICE

疲弊状態であちこちの事務所へ聞いて回る中、電話口でも一番対応が優しくご親切にアドバイスくださりこちらに決めました。依頼後も親身にこちらの意向をききながら力になってくださりました。大変お世話になり感謝いたしております。この度はありがとうございました。
【事務員の対応・弁護士の対応・解決までの処理スピード・解決の結果】
親権が取得できたら大変満足な結果と言えますが、ある程度は予想していた通りですので、仕方ないと思う気持ちもあります。その他は大変満足な結果となりました。

【事務所のサービスについてのご感想・ご意見】
小林先生にお会いする前に二人の弁護士に相談しました。その二人の弁護士の対応は、温和であったものの感想程度でしかなく、アドバイスと言えるものでもありませんでした。小林先生からは初めて会ったときから、「こうしたらいいじゃないですか」と具体的な指摘を頂きました。依頼する側として求めていたのは、話を聞いて同情してくれるタイプではなく、一緒に、あるいは代わりに戦って頂ける代理人でした。結果2年近く、本当に親身に相談に乗って頂き、又、複数の相手方の代理に対して、心強く対応して頂きました。裁判という非日常な状況の中、平静を保っていられたのは、先生をはじめスタッフの方々の存在があったからです。納得のいく結果を手に入れることができ、本当に感謝しきれません。

ご依頼者様の声を見る

婚姻費用の解決事例 CASE

ご依頼者様は、別居中の妻から、月額25万円を超える生活費・婚姻費用の分担請求を受けました。婚姻費用調停は不成立となり、審判に移行、当事務所弁護士の主張立証活動の結果、婚姻費用は月額1万円以下、大幅に減額されました。

【当事者の関係】 婚姻費用調停・審判 申立人:妻 相手方:夫 子:なし

多数の解決実績を見る

弁護士の離婚コラム COLUMN

投稿画像
  • 婚姻費用
2019.07.14

不貞をした妻は夫に対して婚姻費用を請求できるかー名古屋の弁護士による解説コラム

婚姻費用分担請求は権利濫用とされることもある。妻の不貞が原因で、婚姻費用が子供の養育費の分しか認められなかった判例を紹介。 別居中、生活費が不足して婚姻費用分担 … 続きを見る

投稿画像
  • 婚姻費用
2019.01.24

婚姻費用の計算に使われる「算定表」って何?-名古屋の弁護士による解説コラム

別居中の夫婦間などで婚姻費用の分担額を協議したり、離婚にともなう養育費を協議する際、近年よく参考にされているのがいわゆる「算定表」です。算定表は子供の数と年齢の … 続きを見る

投稿画像
  • 婚姻費用
2018.12.06

過去の婚姻費用、いつの分から請求できる?-名古屋の弁護士による解説コラム

離婚について話し合いや調停をしながら、婚姻費用の請求をしなければならない場合は多くあります。しばしば、別居に至っているけれど婚姻費用をまったく払ってもらっていな … 続きを見る

離婚相談コラム一覧を見る

離婚問題に強い中部法律事務所の弁護士が、専門家として、
親切・丁寧に離婚相談に対応、離婚事件を解決に導きます。