ホーム > 不倫・浮気の 慰謝料請求問題

不倫・浮気の 慰謝料請求問題

不貞の慰謝料を夫,妻,不倫・浮気相手に請求したい方、慰謝料を請求された方へのサービス

不倫・浮気の慰謝料でお悩みの方へ

  • 夫(元夫)・妻(元妻)・不倫相手に慰謝料を請求したい
  • 浮気の慰謝料を請求された、弁護士から慰謝料請求の通知がきた
  • 妻・夫の不貞が原因で離婚した
まずは当事務所弁護士に
ご相談ください!

浮気・不倫の慰謝料問題は、弁護士にお任せください。
ご依頼者様に代わって、交渉・裁判いたします。
お気軽にご相談ください

弁護士が示談交渉に介入することで

ご依頼者様の声

  • 全てお任せしていましたが、大変良い条件でまとめてもらえました
  • 弁護士からの請求でこちらの本気が伝わったのか、スピード解決しました
  • 高額な慰謝料を請求されましたが、適正な金額に減額してもらえてよかった
離婚問題に強い中部法律事務所の弁護士が、専門家として、
親切・丁寧に離婚相談に対応、離婚事件を解決に導きます。

不倫・浮気・不貞の慰謝料問題のサービス

  • 弁護士が交渉・和解書の作成・慰謝料裁判まで全て対応
  • 迅速かつ適正に慰謝料問題の解決を図ります
弁護士による慰謝料交渉・弁護士に慰謝料裁判をお任せ

自分で慰謝料を請求したり、慰謝料を請求された際に自分で対応することは、可能です。
もっとも、本人での解決は、
・過大な労力やストレスがかかる
・感情的になってトラブルが激化
・適法性を欠いた対応になりやすい
などの問題点や危険性があります。
不貞の慰謝料を請求したい方、慰謝料を請求された方は、弁護士に、慰謝料の代理交渉をお任せください。
慰謝料の代理交渉をご依頼いただき、示談・和解が成立した場合、追加料金なく示談書・和解契約書を作成いたします。
慰謝料問題について、裁判になった場合も、弁護士に対応をお任せいただけます。

慰謝料問題を当事務所弁護士に依頼するメリット

1.慰謝料問題に強い・実績豊富

当事務所は、浮気・不倫・不貞の慰謝料問題に力を入れており、経験が豊富で、慰謝料問題に強い法律事務所です。住民票や戸籍など各種書類の職務上請求、弁護士照会制度の利用、示談交渉、裁判手続きなど、専門家として適宜の手段・手続きを駆使して慰謝料解決を図ります。

2.迅速かつ適正に慰謝料問題の解決を図る

感情的な対立を回避し、迅速に対応、慰謝料事件の早い解決を図ります。また、事案や相場に見合った、適正な事件の解決を図ります。

3.離婚事件とセットで弁護士費用がお得

当事務所に離婚事件(協議離婚の代理交渉、離婚調停や離婚訴訟)をご依頼いただいた場合、夫婦間の慰謝料問題について、追加着手金は不要です。また、第三者(浮気・不倫相手)に対する慰謝料請求について、交渉着手金5万円(税別)の割引価格で対応いたします。

婚姻費用の弁護士費用

配偶者との慰謝料問題への対応

・離婚事件をご依頼頂いた場合

交渉着手金:なし
訴訟着手金:なし
報酬金:慰謝料請求したい方/回収額の16%(税込17.6%)  慰謝料請求された方/減額の10%(税込11%)

・慰謝料問題のみの場合

交渉着手金:慰謝料請求したい方/10万円(税込11万円)  慰謝料請求された方/15万円(税込16万5000円)
訴訟着手金:15~25万円(税込16万5000円~27万5000円)(御見積)
報酬金:慰謝料請求したい方/回収額の16%(税込17.6%)  慰謝料請求された方/減額の10%(税込11%)

第三者(浮気・不倫相手)との慰謝料問題への対応

・離婚事件をご依頼頂いた場合(※慰謝料請求したい方のみ)

交渉着手金:5万円(税込5万5000円)
訴訟着手金:15~25万円(税込16万5000円~27万5000円)(御見積)
報酬金:回収額の16%(税込17.6%)

・慰謝料問題のみの場合

交渉着手金: 慰謝料請求したい方/10万円(税込11万円)  慰謝料請求された方/15万円(税込16万5000円)
訴訟着手金:15~25万円(税込16万5000円~27万5000円)(御見積)
報酬金: 慰謝料請求したい方/回収額の16%(税込17.6%)  慰謝料請求された方/減額の10%(税込11%)

離婚問題に強い中部法律事務所の弁護士が、専門家として、
親切・丁寧に離婚相談に対応、離婚事件を解決に導きます。

ご依頼者様の声 VOICE

【事務員の対応・弁護士の対応・解決までの処理スピード・解決の結果】
今後の事においてどうしたら良いかわからず途方に暮れていたので、
初めて相談に行った時尾中先生が上辺だけの回答ではなく、不安なことに
全て答えていただけて本当に気持ちが楽になったのを今でも覚えています。

【事務所のサービスについてのご感想・ご意見】
普段はLINEでのやり取りで、とても気軽にやり取りができました。
わからない事や不安な事、大事な事は電話をすぐにいただけたので
心強かったです。一連の流れ、一般的な意見、全てに的確に欲しい内容を
返してくれました。常にネガティブな私に親身によりそって頂き、本当に
ありがとうございました。
【事務員の対応・弁護士の対応・解決までの処理スピード・解決の結果】
結果については、少々感情的な部分でやや不満なところもありますが、
相場というものがあるので仕方がないと思っております。

【事務所のサービスについてのご感想・ご意見】
仕事柄、多くの人と接する機会が多く、多少なりとも、人を見る目はあると自負しております。
初めて先生方とお会いしたときにすぐにおまかせしようと思いました。
実際やりとりをしていくなかで、先生方の誠意がよく伝わってまいりました。
小林先生、本田先生にお会いできて、本当によかったとおもっております。
ありがとうございました。
【事務員の対応・弁護士の対応・解決までの処理スピード・解決の結果】
慰謝料の請求を突然に受て、困惑していましたが、尾中先生に
相談をさせて頂き不安を和らげて対処に付いて説明を受けて、
安心してお任せする事が出来ました。素早い対応をして頂き
ありがとうございました。ご迷惑をおかけ致しました。

【事務所のサービスについてのご感想・ご意見】
報酬金の減額したの『減額』の意味を、相手方に支払う金額と思い込んでしまいましたので、
例などがあると良かったかと思います。

ご依頼者様の声を見る

不倫・浮気の慰謝料問題の解決事例 CASE

ご依頼者様は、夫が不倫・浮気したため、夫と別居しました。別居から8年以上が経過し、子どもも高校生まで成長したことを受け、夫が離婚調停を申し立て。慰謝料の一括払いや子どもの特別学資金の支払いを条件に、離婚調停に応じました。

【当事者の関係】離婚調停 申立人:夫 相手方:妻 

ご依頼者様は、夫との離婚事件(離婚調停)を弁護士に依頼。調停離婚成立後、夫の不倫相手に慰謝料請求。示談交渉で150万円以上を獲得。交渉開始から慰謝料の支払い完了まで、2ヶ月のスピード解決でした。

【当事者の関係】 慰謝料請求 請求者:元妻 相手方:不倫相手 利害関係人:元夫

ご依頼者様は、家庭内別居状態の妻から離婚を求められたことをきっかけに、彼女と交際(肉体関係あり)を開始しました。離婚調停で、有責配偶者であると主張されましたが、解決金を支払い、離婚が成立しました。

【当事者の関係】 離婚調停  申立人:夫  相手方:妻

多数の解決実績を見る

弁護士の離婚コラム COLUMN

投稿画像
  • 慰謝料
2019.01.25

別居中など破綻後の不貞行為ー名古屋の弁護士による解説コラム

浮気をし、それが原因で破綻を招いた当事者からの離婚請求は、原則として認められません。 そのようなことをした者を「有責配偶者」と呼びます。浮気自体が「不貞行為」と … 続きを見る

離婚相談コラム一覧を見る

離婚問題に強い中部法律事務所の弁護士が、専門家として、
親切・丁寧に離婚相談に対応、離婚事件を解決に導きます。