ホーム > 不倫・浮気の慰謝料請求問題

解決実績

当事務所の離婚の解決事例・解決実績をご紹介いたします

不倫・浮気の慰謝料請求問題の解決実績

離婚の原因は依頼者様の不貞。慰謝料の支払いもありえるところだったが、最終的に慰謝料はなし、年金分割は行い、それ以外の財産分与は相互に請求しない形で解決。

名古屋市・30代・女性・会社員

お子様1名(19歳)
ご依頼者様は、夫が不倫・浮気したため、夫と別居しました。別居から8年以上が経過し、子どもも高校生まで成長したことを受け、夫が離婚調停を申し立て。慰謝料の一括払いや子どもの特別学資金の支払いを条件に、離婚調停に応じました。

【当事者の関係】離婚調停 申立人:夫 相手方:妻 

ご依頼者様は、夫との離婚事件(離婚調停)を弁護士に依頼。調停離婚成立後、夫の不倫相手に慰謝料請求。示談交渉で150万円以上を獲得。交渉開始から慰謝料の支払い完了まで、2ヶ月のスピード解決でした。

【当事者の関係】 慰謝料請求 請求者:元妻 相手方:不倫相手 利害関係人:元夫

ご依頼者様は、家庭内別居状態の妻から離婚を求められたことをきっかけに、彼女と交際(肉体関係あり)を開始しました。離婚調停で、有責配偶者であると主張されましたが、解決金を支払い、離婚が成立しました。

【当事者の関係】 離婚調停  申立人:夫  相手方:妻

離婚問題に強い中部法律事務所の弁護士が、専門家として、
親切・丁寧に離婚相談に対応、離婚事件を解決に導きます。