ホーム > 離婚のよくある質問 > 離婚調停 > 離婚調停の申し立てに必要な書式の入手方法・どこでダウンロードできますか?
離婚のよくあるご質問
離婚調停の申し立てに必要な書式の入手方法・どこでダウンロードできますか?

離婚調停の申し立てに必要な書式の入手方法・どこでダウンロードできますか?

家庭裁判所の事件受付窓口などで、離婚調停申立書の定型書式を入手することができます。
裁判所のホームページ(全国共通)や名古屋家庭裁判所のホームページなどから、ワード又はPDF、いずれかの形式でダウンロードすることもできます。

1 家庭裁判所の事件受付窓口で入手する

家庭裁判所の事件受付窓口や相談窓口などで、全国的に使用可能な定型書式を入手することができます。

受付窓口付近に備え付けられている場合もありますし、窓口の担当者に受け渡してもらう場合もあります。

2 家庭裁判所の離婚調停申立書をダウンロードする

裁判所のホームページから、離婚調停申立書の書式をダウンロードすることができます。

もっとも、離婚調停は、あくまで一般名称であり、裁判所では、「夫婦関係等調整調停」と呼ばれます。

そこで、裁判所のホームページから、「夫婦関係等調停調停(離婚)」と書かれた手続きに関する申立書の書式をダウンロードします。

裁判所(全国共通) ※PDFのみ

http://www.courts.go.jp/saiban/syosiki_kazityoutei/syosiki_01_23/index.html

3 提出先の家庭裁判所から附属書類をダウンロードする

3-1 家庭裁判所によって附属書類が異なる

離婚調停申立書は、基本的に全国共通の定型書式です。

印紙代(1200円)及び添付書類として夫婦の戸籍謄本(全部事項証明書)が必要であることも、全国共通です。

もっとも、附属書類は、家庭裁判所によって、必要書類、書式及び名称が異なります。郵便切手代も、金額、切手の枚数又は組み合わせが異なる場合があります。

したがって、離婚調停を申し立てる先の家庭裁判所のホームページから、離婚調停申立書や附属書類の書式をダウンロードし、必要な郵便切手代を確認するとよいでしょう。

3-2 名古屋家庭裁判所の場合

名古屋家庭裁判所 ※PDF、ワード又はエクセル形式

http://www.courts.go.jp/nagoya-f/saiban/tetuzuki/l4/Vcms4_00000146.html#tyoutei

名古屋家庭裁判所に離婚調停を申し立てる場合、離婚調停申立書のほかに、次の附属書類の提出を求められます。

  • 連絡先等の届出書
  • 進行連絡メモ
  • 申立付票
  • 非開示希望申出書(必要な方のみ)

3-3 東京家庭裁判所の場合

東京家庭裁判所 ※PDF、ワード又はエクセル形式

http://www.courts.go.jp/tokyo-f/saiban/tetuzuki/syosiki02/index.html

東京家庭裁判所に離婚調停を申し立てる場合、離婚調停申立書のほかに、次の附属書類の提出を求められます。

  • 連絡先等の届出書
  • 事情説明書
  • 子についての事情説明書(必要な方のみ)
  • 進行に関する照会回答書
  • 非開示の希望に関する申出書(必要な方のみ)

3-4 大阪家庭裁判所の場合

大阪家庭裁判所 ※PDF、ワード又はエクセル形式

http://www.courts.go.jp/osaka/saiban/l3/l4/Vcms4_00000462.html

大阪家庭裁判所に離婚調停を申し立てる場合、離婚調停申立書のほかに、次の附属書類の提出を求められます。

  • 事情説明書
  • 連絡メモ
  • 資料非開示の申出書(必要な方のみ)

 

関連記事

・自分でできる離婚調停-離婚調停申立書の書き方、書式の入手方法や記載例

・自分でできる離婚調停-離婚調停を申し立てる

・離婚の用語集「非開示希望の申出」

 

ご利用にあたっての注意事項

● 2021年02月26日 現在の情報を掲載しています。掲載日以降の法改正や裁判例等には対応しておりませんので、必ず最新情報をご確認ください。
● 掲載情報の正確性の確保に努めてはおりますが、いかなる保証もするものではありません。万一、掲載情報のご利用によってご利用者様に損害が生じたとしても、当事務所は一切責任を負いません。実際の事件に使用される場合は弁護士等の専門家にご相談ください。
● 掲載情報の著作権は当事務所に帰属します。転載や商用利用等、自己使用以外のご利用は禁止となります。
● 掲載情報やアドレスは予告なしに変更又は削除することがあります。
● 掲載情報自体に関するお問い合わせやご質問は応じられません。

離婚問題に強い中部法律事務所の弁護士が、専門家として、
親切・丁寧に離婚相談に対応、離婚事件を解決に導きます。
人気コンテンツ
名古屋事務所
春日井事務所